セルフカットで節約

セルフカットで伸びた前髪の長さを整えるコツ

カットやカラーのために美容室を利用している人でも、前髪が伸びる度には美容室へ行けないという方が多いでしょう。
長さを少し整えるためだけに料金を支払って時間も取られてしまうのはもったいないように思えてしまいます。
自宅でセルフカットをしてみたけれど失敗してしまったという方も、いくつかルールを守れば上手に仕上げることができるのでぜひ挑戦してみましょう。
先ずは前髪以外の部分を分けて、ヘアゴムやクリップで留めます。
次に水の入ったスプレーや霧吹きで髪を湿らし、コームでまっすぐにとかします。
水分を含んだ髪は少し長さがでるので、カットしたい長さより気持ち長めにはさみを入れます。
はさみは前髪に対して水平、つまり下に向かって下した髪を真横の向きに構えるのではなく、毛先側からはさみを髪の毛と同じ方向に構えます。
毛先から少しずつ、はさみの先の方だけを使う気持ちでカットしていきます。
前髪に自然な流れや丸みを出したいときは前髪自体を上下に分け、額に近い方を少し短めに、その上にかぶさる部分はそれより長くなるように切ってみてください。
いずれもはさみは縦方向に入れます。
セルフカットで使用するはさみはヘアカット専用のものか、布を裁断するときに使う裁ちばさみを使用すると髪の毛が刃の上で滑らずうまくいきます。

セルフカットで前髪を切るときの長さは?

前髪は伸びてきたことが特に気になる部分です。
しかしこれだけのために美容院に行くのももったいないのでセルフカットをしてしまうこともあります。
しかしセルフカットを行うと前髪の長さが思ったようにならないことも多くあります。
セルフカットで前髪を切るときのコツは何なのでしょうか。
前髪にクセがあって分かれてしまっていたり、どちらかに流している人はセルフカットの前に前髪をまっすぐにします。
ブローをしてまっすぐになるようにしましょう。
カットの時にはサイドの髪が邪魔にならないように、切らないところはきっちりとブロッキングします。
前髪を三等分して、真ん中から切って行きます。
希望の長さよりも1cmほど長く切るようにします。
前髪を引っ張って切るため、希望の長さで切ってしまうと、手を離したときに前髪が上がって短くなってしまいがちです。
その後、左右も同じようにカットして、最後にハサミを縦に入れてラインをぼかすようにしましょう。

Copyright 2015 セルフカットのすべて All Rights Reserved.